Text Size :  A A A
Img_cb96ffb2528555b3553ab01b2c1ad6ac

梅雨の森が好きです。

山の頂上にある寺院を目指して歩いていると
一匹の猫が頂上まで案内してくれました。

他にも人は居たのに
最後まで付いてきてくれました。
一人だったというのが大きいのか

「待って」と声を掛けると後ろを振り返り待ってくれる。


フィーリングが合ったということにしておきたい。


これは、耳をすませば(ジブリ)の再来だ。